bitbank.ccにてアルトコインの取り扱いを開始予定、第一弾はLitecoin 〜XRPやETHなど、順次追加予定〜

2017.04.13 Announcements

平素は弊社サービスをご利用頂き有難うございます。

仮想通貨取引所「bitbank.cc」(URL:https://bitbank.cc/)において、アルトコイン追加の第一弾としてライトコイン(LTC)が追加され、板や取引APIを通じたお取引や入出金が可能となりますことをお知らせ致します。ライトコインの追加は4月下旬を予定しており、その後イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの仮想通貨も順次追加する予定です。

背景

近年、ビットコインをはじめ様々な仮想通貨への注目が増しておりますが、4月1日に改正資金決済法が施行されたことで、新たな資産クラスとしての仮想通貨の保有および投資への需要はますますの高まりを見せております。しかしながら、現在日本国内から人気の高い仮想通貨・アルトコインの売買を最適な価格で行うことは難しく、またKYC厳格化による影響から、国外取引所へのアクセスが難しくなることも予想されます。

弊社が3月にサービスを開始したbitbank exchangeは、マルチアセットを前提とした仮想通貨取引所であり、接続ブローカー様、およびbitbank.ccのお客様のニーズに最大限応えられるように設計しております。アルトコイン追加の第一弾はライトコインですが、その後もお客様のニーズにあわせ、様々なアセットにお客様がアクセスできる環境を構築していく予定です。

    
日時 追加予定の仮想通貨
4月下旬 LTC
5月 ETH, XRP

第一弾で追加するライトコインについて

ライトコインは、金に対する銀のように、ビットコインのサブアセットとして使われることを想定して2011年に作られた仮想通貨です。ビットコインと同様にプルーフオブワークが採用されていますが、そのアルゴリズムにはScryptが用いられています。総発行量はビットコインの4倍で8400万LTC、承認はおよそ2.5分間隔で行われるようにディフィカルティの調整が行われます。

現在、ライトコインは、ライトニングネットワークの前提となるSegregated Witness(SegWit)のアクティベーション(有効化)に向けたシグナリングが開始されており、直近では70%を超える支持を受けています。75%を超えればSegWitの有効化が確定するため、メジャーな仮想通貨としては、初めて有効化されるのではないかと注目を集めています。