Lightning Network Testnet Faucetを開設致しました

2017.04.18 Press Releases

リリースのお知らせ

ビットバンク株式会社(本社:渋谷、 代表取締役CEO:廣末紀之)はこのたび、オープンソースコミュニティ活動の一貫として、Lightning Network(※)の開発を支援すべく、bitcoinのtestnetにおいて円滑に開発・実験ができるよう、testnet faucetを開設致しました。

https://lnd-faucet.bitbank.cc/

このfaucetをご利用頂くことにより、Lightningペイメントチャンネルの開設をスムーズに行うことが出来ます。また、Lightningペイメントチャンネルを通して本サーバに対しテストビットコインを送受信することができます。

本取り組みにおいて、OSSの Lightning Node 「LND」を利用致しました。

https://github.com/lightningnetwork/lnd/

Lightning Networkを利用したアプリケーションを開発中のデベロッパーは、申請無しに、faucetをご利用頂くことが可能です。是非、ご利用下さい。

※Lightning Networkとは

ビットコインなどのブロックチェーンでは、取引を束ねる「ブロック」という単位で決済が行われます。 ビットコインでは平均して10分に1度、これらのブロックが追加されます。よって、ビットコインは決済完了までに10分間待つ必要があります。 また、ひとつのブロックに含まれる取引の数には限りがあるため、昨今ネットワークの逼迫による送金遅延などの悪影響が懸念されております。

ビットコイン、スケーラビリティ問題への対応は急を要する

ブロックチェーンに紐付く「ペイメントチャンネル」という仕組みにより、瞬時に決済されるネットワークがあれば、決済の待ち時間及びブロックのキャパシティーの問題はある程度緩和できるとし、考案された仕組みが Lightning Network です。 現在はまだコミュニティによる開発中の状態であり、実現が望まれている技術となります。 弊社では引き続き、Lightning Networkに関する研究・開発を進めて参ります。