弊社ジョナサン・アンダーウッドのEIP(イーサリアム改善提案)がイーサリアムのリポジトリに採択されました / Jonathan’s EIP has been merged into the Ethereum repository.

2020.11.05 Press Releases

※English version is below.

いつもビットバンクをご利用頂きありがとうございます。

ビットバンク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廣末紀之)の技術的活動についてお知らせします。

弊社ジョナサン・アンダーウッドがEIP(イーサリアム改善提案)を実施し、イーサリアムのリポジトリにて採択されました。

概要

弊社ジョナサン・アンダーウッドは、イーサリアムのリポジトリにて「Deposit contract and address standard」のタイトルでウォレットの改善と標準化を提案しました。今回のプルリクエストはイーサリアムの技術仕様の提案となります。イーサリアムのメンテナーがレビューを実施し、提案が認められ、ドラフトとしてマージされております(ERC-2876)。

提案

イーサリアムの入金検知方法の改善が今回の提案趣旨となります。

入金用ウォレットをホット環境に置く場合はセキュリティリスクが存在します。一方で入金用ウォレットをコールド環境に置く場合は、全ての入金用ウォレットに鍵が存在しており対応に労力がかかってしまいます。スマートコントラクトはアカウントごとに発行されるにも関わらず、識別はアカウントごとの検知しかできないためです。

ジョナサン・アンダーウッドは、新たにIDの概念を形成することで、一つのスマートコントラクトでのデプロイと、セキュアな状態のままでの入金検知システムの構築という両面での道筋を示しております。

ジョナサン・アンダーウッドによる参照実装:
https://github.com/junderw/deposit-contract-poc

今後の方針

弊社としては、ビットバンクの入金システムとしての実装から検討を開始いたします。 提案内容を実現し、将来的にはイーサリアムの決済面での活用ハードルを下げることで、小売店での決済等実社会でのユースケースの創出に貢献していくことを想定しています。

弊社は暗号資産(仮想通貨)の普及促進のため、今後もOSSへの貢献を含め様々な活動を行ってまいります。

今後ともビットバンクをよろしくお願いします。

Thank you for using bitbank.

Jonathan Underwood, Chief Bitcoin Officer at bitbank, made an EIP(Ethereum Improvement Proposal), which has been successfully approved and merged into the Ethereum repository.

Summary

In August, Jonathan Underwood sent a pull request to the Ethereum community suggesting a code that will improve and standardize the Ethereum wallet protocol. The maintainer validated his EIP and has subsequently merged it into the repository as a draft(ERC-2876).

About the suggestion

Jonathan’s EIP was intended to improve the deposit detection system of Ethereum wallets.
There are always security risks associated with using hot wallets for deposits. On the other hand, a lot of effort is required when using cold wallets for deposits as all the wallets require unique keys, and since the system can only identify each user- account despite each smart contract being issued by every user- account.

Instead Jonathan formed a concept of using “IDs” to simplify the contract interface for managing deposits. It also defines a new address format that encodes the extra data passed into the interface's main deposit function. The maintainer of Ethereum, Micah Zoltu, commented “The idea is that any wallet that works with payment URLs would be able to send to whatever receiving contract that the recipient wanted”.

Reference: https://github.com/junderw/deposit-contract-poc

Moving forward

Given this development, bitbank is currently considering whether to implement this system as our own deposit system. We hope that Jonathan’s EIP will lead to increased blockchain use cases in the near future, for instance, using Ethereum for payment at retail stores.

We will continue to work on activities that contributes to the development of blockchain and cryptocurrencies, including Open Source Softwares.